ニューソートとオリックスと稲田議員

ニューソート

ニューソート(2015年12月2日 (水) 00:52 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

ニューソート(New Thought、新思考)は、19世紀アメリカ合衆国で始まったキリスト教における潮流のひとつ、一種の異端的宗教・霊性運動で、現世利益の追求を戒めるキリスト教プロテスタント系のカルヴァン主義への反発を背景として生まれ、ラルフ・ワルド・エマーソンの哲学を支えに徐々に社会に浸透した。アメリカのメスメリスト(催眠治療家)・心理療法家フィニアス・クインビーやクリスチャン・サイエンスの創始者メリー・ベーカー・エディの思想を中心とする。アメリカの対抗文化の流れを汲むニューエイジの源流のひとつである。
……

生長の家」の創設者谷口雅春が光明思想と訳しているように、気持ちを明るく保つことによって運命が開けるというポジティブ・シンキングや、日本でも著作がベストセラーになっているイギリス出身の牧師ジョセフ・マーフィーの成功法則などもニューソートの一環であり、いわゆる成功哲学の著者の多くがこれに属する人々である。心や思考の性向が健康や経済状態として表れる(思いは現実になる)という考え方は、現代の自己啓発やビジネス書の源流である。日本では、オリソン・スウェット・マーデン(英語版)(1850 – 1924)やウィリアム・ウォーカー・アトキンソン(英語版) (1862 – 1932、別名ヨギ・ラマチャラカ)、ラルフ・ウォルド・トライン(英語版)(1866 – 1958)の翻訳書が明治後期から昭和初期に出版された。マーデン、アトキンソンは中村天風トラインは谷口雅春や京セラの創業者稲盛和夫などに影響を与えた

メリー・ベーカー・エディ(2015年5月26日 (火) 07:29 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

メリー・ベーカー・エディ(Mary Baker Eddy,1821年7月16日 – 1910年12月3日)は、1879年にクリスチャン・サイエンス教会を設立した人物である。メリー・モース・ベーカー、エディ夫人などとも称される。
……
しかし結婚から数ヵ月後、夫は黄熱病に罹り、子供が生まれる直前に死亡した。彼は
フリーメイソン(「St. Andrew’s Lodge No. 10」と「Union Chapter No. 3, R.A.M」のメンバー)であったので、フリーメイソンリー様式で葬られた。彼は亡くなる前に、彼女がニューハンプシャー州の両親の家に帰ることを支援してくれるように、フリーメイソンリーのロッジのメンバーに頼んだ。彼らは約束を守り、忠実に義務を履行した。
……
彼女は自らの会員にフリーメイソンリーへの入会を許可し、フリーメイソンリーの雑誌に記事を載せた。エディの兄姉達は、交霊術の集会を開催しており、そこでエディの同僚でフリーメイソンのヘンリー・スティール・オルコットはヘレナ・P・ブラヴァツキーと出会い、二人は1875年11月にニューヨークで神智学協会を設立した。

 堂島ビルヂング

堂島ビルヂング
大阪府大阪市北区西天満2-6-8

9F 弁護士法人光明 ■弁護士:稲田龍示
1988年7月-オリックス(株)入社
(株)アルク 監査役

■弁護士:稲田朋美

9F (株)ギブ・スパイラル・ジャパン 本社
■東京支社:クロスオフィス内幸町

■代表取締役:鷹尾豪
(NPO)日本交渉協会 1級会員役員 幹事

 オリックスと稲田家

稲田朋美は宮内義彦の子分か?
2009年12月20日-電球

CSISを加味すると噛み合いますね!

 オリックス宮内義彦CEOはパシフィックフォーラムCSIS理事

オリックス・宮内義彦パシフィックフォーラムCSIS 理事

オリックス債権回収(株)本店所在地→世界貿易センタービルディング

渋沢栄一由来の東京商工会議所に繋がる世界貿易センタービルディングはオリックスの拠点
第一勧銀人脈系のセンチュリー・リーシング・システム(株)も入っていた世界貿易センタービルディング。
オリックス、センチュリー・リーシング・システムとリース業のポイントは「航空機リース」。


 クロスオフィス内幸町

クロスオフィス内幸町
東京都港区西新橋1-18-6

1406 (株)ジャパンニューアルファ 東京オフィス
1406 (株)レンブラントホテルホールディングス 東京オフィス
※価値開発(株)筆頭株主

■代表取締役社長CEO:小巻公平

10F (株)ギブ・スパイラル・ジャパン 東京支社
■本社:堂島ビルヂング
801 (公財)社会貢献支援財団 ※日本財団(笹川人脈)系財団

■会長:安倍昭恵
安倍晋三総理大臣夫人

スタートアップ商品をAmazonから
No Image
兜町コンフィデンシャル―株式市場の裏側で何が起きているのか
著 者 :高橋 篤史
出版社 :東洋経済新報社
経済事件に関する実名報道の頂点となる不朽の名著!
経営が不振になった企業や苦境にある新興企業に食い込んで、さまざまなエクイティファイナンスを仕掛け、必要資金は海外口座から回し、獲得資金は海外に逃避させる。そこにM&Aを絡ませ、株価引き上げの材料にしたりする――こうしてあらゆる収益機会を捉えて資金を短期回転させるのが、「現代の仕手筋」だ。正史では語られることのない、彼ら株式市場で暗躍する勢力と、それに対する警察や取引所の奮闘を詳細に描く。2000年以降の株式市場の裏側で何が起きていたのかを浮き彫りにするノンフィクション。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me!