日本の宝くじには不可解な点が多い件(1)あなたが買っている宝くじ売場はどの会社に属するのか知っていますか?

宝くじはどこが発売しているのか?

庶民の「夢」といわれる宝くじの高額当せん。
あなたも、それを夢見て宝くじを買ったことはありませんか?
ほんの数百円で億を手にするチャンスといえば、誰もが思いつくのは宝くじでしょう。
 
最初の質問です。
一般に宝くじが売られているのは「宝くじ売り場」ですが、
では、その宝くじを発売しているのは、次のどれでしょうか?


(1)日本宝くじ協会
(2)みずほ銀行
(3)地方自治体


正解は(3)の地方自治体です。


宝くじのしくみ(みずほ銀行)より


かなりの方が(1)の日本宝くじ協会が宝くじ業界の胴元だと思っているかもしれません。
業界の統一団体のような名前ですが、日本宝くじ協会は発売とは関係しておりません。
業界の倫理などに対して責任を負う公益財団法人 日本相撲協会とは異なり、一般財団法人である日本宝くじ協会は宝くじで不祥事があっても何ら責任を負うことはありません。
 
次に一般財団法人 日本宝くじ協会の法人登記簿から団体の目的を抜粋します。

本協会は、地方公共団体が発行する宝くじ(以下「自治宝くじ」という。)に関する調査研究、普及宣伝に関する事業を行い、併せて自治宝くじ関係機関相互間の連絡協調を図り、もって地方自治の振興及び公益の増進に寄与することを目的とし、次の事業を行う。
1 自治宝くじに関する調査研究をすること
2 社会福祉事業、社会教育事業等に対する助成をすること等により、自治宝くじに関する普及宣伝を行うこと
3 自治宝くじの運営について会員相互間及び自治宝くじに関する各協議会との連絡協調を図ること
4 国際富くじ組織との連絡協調を図ること
5 その他本協会の目的を達成するために必要な事業を行うこと

 
日本宝くじ協会は宝くじに関する「調査研究、普及宣伝」を行う機関です。

みずほ銀行は宝くじとどう関わっているのか?

みずほ銀行は金融機関として自治体から宝くじの販売を請け負っています。
これはみずほ銀行の独占というわけではなく、金融機関として条件を満たせばどこでも販売を請け負うことができます。
実際に、たまに異なる銀行が販売する宝くじも実在します。
しかし、特殊な業務ノウハウが必要な「宝くじ販売」は、実質的に戦後から宝くじを販売し続けている日本勧業銀行、すなわち現在のみずほ銀行の寡占状態です。
では、みずほ銀行が宝くじ全ての販売を行っているかといえば、そうではなく、販売(売りさばき)業務は下請け販売業者に再委託しています。
下の図でいえば「売場」の箇所です。


宝くじ活性化検討会報告書「参考資料」より


上の図で売場への再委託承認、(7)の箇所を見てください。
再委託承認は発売団体、つまり自治体が行うことになっていますが、要件を満たすかどうかのチェックはみずほ銀行が行っています。
自治体はみずほ銀行からの報告を受けて、それを承認するだけのようです。
これは、九十九山三六(当時の旧称:白山三郎)が2013年10月18日に、全国自治宝くじの発売元である東京都財務局主計部公債課からいただいた返答で明らかになりました。
まあ、何千もある再委託会社をいちいち役所が審査するのは困難なので仕方ないように思えます。

白山 様
 
お世話になります。
東京都公債課宝くじ係でございます。
 
お問い合わせの件につきまして、再委託事業者の承認取り消しに当たっては、
再委託承認基準違反事由の確認が必要となります。
 
事実関係について確認したところ、そもそも日本ハーデスは
再委託事業者に含まれておりません。
 
加えて、再委託事業者に反社会的勢力との関係がない点については、
みずほ銀行において、定期的な確認を実施しており、その旨報告を受けております。

 
よろしくお願いいたします。
****************************************
東京都財務局主計部公債課

TEL 03-5388-2681
FAX 03-5388-1277
Email S0000063@section.metro.tokyo.jp
****************************************


さて、そこで質問です。
あなたがいつも買っている売場を経営しているのは、何という名前の会社でしょうか?
 
みずほ銀行の支店脇にある売場は、概ねみずほ銀行の直営売場ですが、その他は異なります。
 
ほとんどの方が、どこにある何という会社の売場なのかわからないでしょう。
売場には所属する会社がどこかなのか掲示していないことがほとんどだからです。
 
あなたは、どこが経営しているかわからない売場で「宝くじ」を買っているのです。
現代社会でも、まだこうした不透明な部分があるのです。
 
どこが経営しているかわからない売場……。まるでお祭りの夜店のようではありませんか。
ここから見えてくるのが「宝くじの闇」の一端なのです。


次回へ続く
日本プロファイル研究所:九十九山三六

スタートアップ商品をAmazonから
No Image
兜町コンフィデンシャル―株式市場の裏側で何が起きているのか
著 者 :高橋 篤史
出版社 :東洋経済新報社
経済事件に関する実名報道の頂点となる不朽の名著!
経営が不振になった企業や苦境にある新興企業に食い込んで、さまざまなエクイティファイナンスを仕掛け、必要資金は海外口座から回し、獲得資金は海外に逃避させる。そこにM&Aを絡ませ、株価引き上げの材料にしたりする――こうしてあらゆる収益機会を捉えて資金を短期回転させるのが、「現代の仕手筋」だ。正史では語られることのない、彼ら株式市場で暗躍する勢力と、それに対する警察や取引所の奮闘を詳細に描く。2000年以降の株式市場の裏側で何が起きていたのかを浮き彫りにするノンフィクション。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me!