blogcard url= https www okinawatimes co jp articles…

沖縄タイムス+プラス
年末ジャンボ 名護市で1等7億円 1等1本だけのあの宝くじも沖縄で | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 昨年12月末に抽選があった年末ジャンボ宝くじで、沖縄県名護市許田の道の駅にある売り場「やんばる物産」から1等7億円が1本、前後賞1億5千万円が2本出た。みずほ銀行によると、県内で年末ジャンボ1等が出るのは6年ぶり。

年末ジャンボ 名護市で1等7億円 1等1本だけのあの宝くじも沖縄で
2021年1月21日-沖縄タイムス

昨年12月末に抽選があった年末ジャンボ宝くじで、沖縄県名護市許田の道の駅にある売り場「やんばる物産」から1等7億円が1本、前後賞1億5千万円が2本出た。みずほ銀行によると、県内で年末ジャンボ1等が出るのは6年ぶり。
 一方、沖縄を含む西日本17県で発売され、今月15日に抽選があった「初夢宝くじ」で1等1億5千万円が1本と前後賞2500万円が2本、糸満市阿波根の丸大の敷地内にある「糸満チャンスセンター」で出た。同じ人が購入したという。

 運営するビーエヌシー那覇支店の川西正之支店長は「1等は1本だけ。県内での当せんは珍しい」と説明。運営する売り場で昨年、ロト6で1億円以上が計3本出たとし、「コロナ禍で厳しい中、夢のある明るい話題になれば」と話した。

沖縄タイムス+プラス
名護で1等1億円が2本! 年末ジャンボミニ | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 みずほ銀行宝くじ部は26日、昨年11~12月に販売された宝くじ「年末ジャンボミニ」の1等1億円の当せんが県内から2本出たと発表した。 販売した売り場は、名護市許田にある「道の駅」許田のやんばる物産センター内の売り場と、名護市東江の名護サンエーチ...

名護で1等1億円が2本! 年末ジャンボミニ
2017年1月27日-沖縄タイムス

 みずほ銀行宝くじ部は26日、昨年11~12月に販売された宝くじ「年末ジャンボミニ」の1等1億円の当せんが県内から2本出たと発表した。
 販売した売り場は、名護市許田にある「道の駅」許田のやんばる物産センター内の売り場と、名護市東江の名護サンエーチャンスセンター。年末ジャンボ宝くじの1等と前後賞は県内からの当せんは出なかった。

川西正之
2011年7月-みずほ銀行千住支店長
2015年4月-みずほ銀行藤沢兼鵠沼支店長